ナンパ

価値観がぶっ壊れたお水の女の子のお話:ゆもz初めてすすきののニュークラブを体験する

価値観がぶっ壊れたお水の女の子のお話:ゆもz初めてすすきののニュークラブを体験する

9月某日。すすきので友人Iとナンパ

街を歩いていると仲間の知り合い女の子2人とばったり会う。

俺はその女の子と面識がない。

5年前くらいのサークル仲間の女の子で、現在ニュークラブなどで働いているらしい。

※札幌でのニュークラブ=本州でのキャバクラ

そんな2人組の女の子と仲間が盛り上がり、これから飲みに行くことに。

頭はおかしそうだが(笑)、普段は関わらない層の2人組だ。

  • A子 友人Iの古いサークル仲間 今ではすすきののニュークラブ嬢
  • B子 A子の友人 こちらもすすきののニュークラブ嬢

女の子が前に働いていた店に飲みに行きたいと言いだし、しょうがないから行く流れに。

今まで、一回も行ったことなかった。しかし、

A子
A子
知り合いだから安くしてもらえるし1人あたりそんなかからないよ。

行くのは元職場のお店ね。

そう言われたから試しに行くことに。

他の店との比較がわからないからなんとも言えないが、男2人と女2人でニュークラブへ入る。

なかなか珍しい組み合わせだろう。

俺は何も知らない女の子と何の料金も知らないまま入る夜の店。

普段なら絶対にしないが、信頼してる友人だからこそ、気にせず一緒に入る。



ゆもz、初めてニュークラブを経験する。

行った店は赤門という店。

観光客が多いコスパの比較的いい店だとか。

そんな話はさておき。

いきなり友人C(ニュークラ嬢)を指名する女の子2人。

男2人
男2人
ん?
どういうこと?(笑)

そして盛り上がり出す3人。(A,B,C子)

一応、俺の友人がその女の子を指名したことにして、俺はフリーなるシステムで入ったらしく、知らない女の子が空いてる席につく。

嬢と書いてあるところに30分毎に女の子がやってくる仕組みらしい。

A子、B子はその女の子たちにも飲み物をどんどん勧める。
(当然有料、1杯1000円くらいはするのだろうか。)

1人あたりいくらになるんだろう、なんて考えながら隣についてくれた女の子と雑談。

累計3人ついたんだが、特別可愛い子は1人もおらず、普段ナンパして出会った子の方が可愛いと感じるのはレベルが上がったからだろうか。

それともこのニュークラのレベルが低いからだろうか。

この子たちと話して1時間ちょいで1万弱。

本当にその価値があるのか考えさせられる。

そう考えると、キャバクラ、ニュークラは恋愛弱者のための店なんだなと再認識。

こんなとこにお金を払って気持ちよくしてもらうことにいったい何の価値があるのだろう。

心にもない会話と、今後にも繋がらなさそうな女の子に使う時間とお金は勿体なさすぎて、すぐにでも損切りしたかったのは本音だ。

時々皆で盛り上がりつつ、基本はついてくれた女の子と無難な会話をしつつ、せっかくきたのだから、お店のシステムやどう行った層がお客かさんに来るのかの聞き取り。

安めの店らしく、40〜50代だけでなく、20代のお客さんも増えているらしい。

正直、信じられん

俺が20代だから、それに合わせて営業トークをした可能性が高いと思ってる。

出てきた女の子のレベル

  • まあめっちゃスタイルいい可愛い子C(AB子の友人で指名、ルックスは上の下~中)
  • 普段なら声はほとんどかけない子(中の中)
  • 普段なら声すらかけない子(中の中~下)
  • 声はかける。(中の上~上の下)

正直、自分で女の子を外部で調達できる人間には、価値を感じないだろう。

ぶっ壊れた金銭感覚&価値観

会計の時の話。

会計をもらい、3万ちょい。

A
A
ごちそうさまでした

俺らに会計を渡し始める。

俺と友人I
俺と友人I
ん???
俺らに払えと!?(全部心の声)

衝撃すぎて何も言えんかった。

自分らから誘ってきて、みんなで割れば1万弱とか言ってたくせに会計は全部男持ち!?

いや、ありえんやろ!

今でこそ、そう思うが、
その時は流石になんも言えんかったわ。

とりあえずその場は男2人で払う。

友人が多めに払ってくれたが、いい勉強になった。

この後違う店行こう!

面白いバーがあるんだよ!
きっと気に入るよ。

という誘いはあった。

ただ、どういった感覚で誘ってきているんだと憤っていた俺らは
用事あるからと断り、帰宅する。

圧倒的なテイカーの女に久しぶりにあった

※テイカー=何も価値を提供せず、我々の時間やお金などの資源をただ奪っていくだけの人のこと

自分の生活の中には、絶対に入り込んで来ないタイプだ。

こういったタイプが自然に入らないような生活をしていた自分にとっては本当にショックだった。

彼女らは好き勝手注文し、会計は男が払うもんだ、そう考えているんだろうな。

年齢が21.24の2人。

パパもいるらしい。

A&B子
A&B子
パパ活はしているよ。

でも、もちろん体の関係はないよ(笑)

あんなテイカーの2人のパトロンになろうと思うなんてどうかしてるぜ。

しかも、全然可愛くないこれらの子のパパになって喜んでお金を差し出している男がいるのか……
しかも抱けもしないのに。
(本当かどうかは分からないが。)

もしくは、非モテをこじらせるとそうなってしまうのだろうか。

彼女らのような人に今後関わることはないだろう。

そして、20代ですぐに夜職に入り、奉仕されて当たり前、人からtakeばかりする価値観の彼女らの10年後を一瞬心配する。

今は若さ、ノリ、勢いをお金に換算できているが、果たしてそれがずっと続くのだろうか?

生物学的に1番価値の高い状態の彼女らが貯蓄することすらないだろう。

どこかで、テイカーとしてのつけを払う日が来てしまうのだろうなあと思ってしまう。

まあこのことを直接伝えるわけでもないし、教えてくれる親切な人がいるわけでもないだろう。

幸せになることを願うばかりだ。




今回の学び。

キャバクラすすきのではニュークラブへ個人的に行くことはないだろう。

レベルの高い子は他の出会いエンジンで十分口説ける。

非モテをこじらせるとお金だけあっても、シャンパンタワー100万とか頼んじゃう男になってしまうんだろうなぁー

テイカーの女の子とは関わってもろくなことない。

金と女は両輪。

どちらか一方だけあっても幸せに離れない。

俺らが幸せになるために必要なことは、お金を稼ぐこと。

そして、女の子に不自由しないために、対女性術を身に着けること。

ひどい子を知れるからこそ、普段関わる女の子達の素晴らしさを再認識し、楽しい環境を可能な限り提供しようと強く思った。

https://oremote.net/mote-mind/howmuchmoney-happy/