モテるためのマインドセット

たった5分で女性から“超”魅力的に思われるためのデート前のルーティーン(習慣)特別編

たった5分で女性から“超”魅力的に思われるためのデート前のルーティーン(習慣)特別編

女の子とのデートの際に君は緊張するだろうか?

いつも最高の自分を作り出せているだろうか?

アルファ感あふれる、男気溢れる、魅力的な男になれているだろうか?

誰だってデートでは、緊張するときがある。

特に自分がいいな、逃したくないと思う子とのデートならなおさらだ。

今回は、俺が取り入れているデート前のルーティーン(儀式みたいな毎回する行動)を特別にお教えしようと思う。

科学的にも証明されていて、女性から最大限魅力的に思われる男になるためのノウハウだ。

この特別な方法を使って、女性から見たあなたの魅力度をUPさせてほしい。

あなたが、女性とさらにうまくいくことの手助けになると俺もうれしい。

それがたった5分で、できる方法なんだ。

圧倒的に魅力的に思われるような方法だ。

騙されたと思って取り組んでほしい。

女性とのデートにおいて、あれをしておけば……
なんて後悔すること程、悲しいものはないからね。

結論
  • 簡単な筋トレを1セットずつ
    ・スクワット
    ・腕立て伏せ
    ・(可能な時だけ)懸垂も
  • 2分間、動物が威嚇するような、喜んだ時のような、両手を広げるようなポーズをとる
  • 鏡に向かって、笑顔で大きなジェスチャーでお前はできる。カッコいい、成功する、と言い聞かせる。

これだけ?

そうたったこれだけ。

5分でできる。

詳しく説明していこう。



モテホルモンのテストステロンを高める

テストステロンというホルモンがある。

霊長類のボス猿は皆、テストステロンというホルモンが多い。

ボス猿ゴリラ

霊長目の哺乳類の総称。サル類で、ヒトも含まれる。手足にふつう5本の指をもち、第1指は他の4本と向かい合って物をつかむことができる。

デジタル大辞典より引用

ボス猿は堂々とたくさんのメス猿を囲うモテ男(猿)だ。

そして人間も同様、魅力的な男は皆テストステロンというホルモンが多いんだ。

テストステロンの値が高いと、魅力的に思われるし、自信がある振る舞いをするとテストステロンの値が高くなる

ざっくりいうと、テストステロンはモテホルモンだ。

そして女性はそれを本能的に察する。

女は笑顔、男は自信が魅力、なんて言われるけど、
男性の自信についてはテストステロンが関係しているんだ。

こういった魅力的なテストステロンが多いモテ男はα(アルファ)、モテなくて魅力のないような、テストステロンが少ない男をβ(ベータ)なんていうことが多い。

俺らが女性から魅力的に思われるような男になるためには、テストステロンというホルモンを意図的に出す必要がある。

αの男に近づくためにはテストステロンというホルモンが必要なんだ。

まずこの前提を覚えておいてほしい。

それを踏まえて、テストステロンを高める方法が2つある。

  1. 筋トレ
  2. 自信があるような立ち振る舞い

この2つだ。

というわけでこの2つについて掘り下げようか。

筋トレでテストステロンを高める

ゆもz筋トレ懸垂背中トレマシン腕立て伏せ

この画像は俺(ゆもz@yumotarkee)だ。
(決してドヤァするためではなくて、筋トレしているという信ぴょう性を持たせるために)

筋トレはテストステロンを高める方法の1つだ。

筋トレはモテ男になるならば絶対にすべきと常々伝えているのだが、

もし君が習慣的に筋トレにしないのなら筋トレをぜひ始めてくれ。

魅力的な男になるためには筋トレは必須なんだ。

必ずしもジムに行く必要はない。
が、ジムの方がオススメではある。

また、逆三角形の体は若さの証明になる。

科学的にも筋トレがモテることが分かっているのだから、やらない理由はない。

関連記事:科学的にモテる男の体型(筋肉)が分かったので紹介しよう【女性にモテるための筋トレ&ボディメイク】

自宅でもいいから、

胸・背中・足・肩の大きな筋肉を鍛える筋トレをしよう。

しゃあデート前にどんな筋トレをするか

デート前、汗をかかない程度に30~10分前くらいのどこかのタイミングでやるのがベストかなと思う。

夏はもっと前の時間帯に涼しい場所でやればいいだろう。

汗が大量に出ると、さわやかさが半減するからね。

簡単に大きな筋肉を鍛えられえるような筋トレが望ましい

そして、場所を選ばないような、どこでもできるような筋トレが望ましい。

代表的な2つ

  1. スクワット
  2. 腕立て伏せ

この2つは外せない。

何故か、それはスクワットは人体の1番大きな下半身の筋肉を使う。

1番テストステロンを高めるのに適している部位といえるわけだ。

次に、腕立て伏せは胸の筋トレだ。

一番本能的に魅力的に思われるために大事な部位が胸板。

厚い胸板が1番魅力に直結するので、大きな筋肉の中で腕立て伏せが必要だと考える。

地面があればどこでもできるしね。

腕立て伏せをすることで胸筋がパンプアップするから、それからしばらくの間、いつもよりも胸板が厚くなるんよ。

もし可能ならば、懸垂なんかもできればいいのだけれど、それは環境次第だからね。

筋肥大目的ではないから、低負荷高回数を1セット追い込むだけでいいと感じている。

とりあえず、限界回数を1セットずつやればいいよ。

自信のあるような立ち振る舞いでテストステロンを高める

筋トレでもテストステロンを高めることができるが、別の方法もある。

自信のあるような立ち振る舞い(ポーズ)を2分するだけでもいいんだ。

詳しくは以下のTEDの動画を見てくれ。

以下の動画では面接時の話をしているが、デートの際にも応用できると確信している。

TED [ideas worth spreading「面接前にこのポーズをとれ、ボディランゲージが人を作る」 by エイミー・カディ

TED から見る研究結果を簡単にまとめると、

  • 力を持つボスはテストステロンが多く、コルチゾールが少ない。
    力強く有能なリーダーもまたテストステロンが多く、コルチゾールが少ない。
  • 2分間力強いポーズをとるだけで、テストステロンの値が20%近く上昇
    コルチゾールが25%減少した
  • 逆に2分間体を縮めるようなポーズをとった人はテストステロンの値が10%減少
    コルチゾールの値が15%上昇
    体縮める面接前デート前
  • 力強いポーズ(1枚目の画像)、力弱いポーズ(2枚目の画像)をしてもらった後に、ストレスのかかる面接を受けた。
    5分間の面接をし録画をする。
    それを実験も知らない人に誰を採用したいか判断してもらう。
  • 採用したいといわれた人は、全員、力あるポーズをとった人たちだった。
  • 何が高く評価されたのか?分かったのは
    何を話したかではない。どういった態度であったのかというものだ。
  • 話は筋道だっているか?内容はいいか?資質はいいか?このようなことを気にしがちだ。
    でもそういったものに効力はなく、態度こそ影響を与えるものだ。
  • 体が心に影響を与え、心が体に影響を与える。
  • 行動が結果に影響を及ぼすというとできるふりをしているみたいだ。という人が多い
  • できるふりでいいではないか!!できるまでできるフリをしろ

※コルチゾール=ストレスホルモンで少ない方がいいんよ。

これは面接の話ではある。

ただ、デートの場面でも応用できると思わないか?

俺は間違いなくデートでも同じことが言えると考える。

  • 何を言っているかよりも、どう言っているのか(態度)が非常に大事
  • ストレスのかかる環境で、話した内容よりも相手の印象が残る場

全く同じじゃないか。

デートだって、実質いい男かどうか試されているような面接ともいえるしね(笑)

自己洗脳で成功をイメージする 潜在意識をかえる

あとは根拠のない自信を持つ必要がある。

もちろん根拠がある自信でもいいのだが、基本的に、経験が伴わないうちは根拠ある自信は持てるはずがない。

上でも言われているが、できるふりをしろ

モテてなくてもモテているふりをしろ!

そのために、俺はある種の自己洗脳を取り入れている。

鏡に向かって、言い聞かせる。

  • 自分はカッコいい。魅力的だ。
  • イケてる男だ。
  • 女の子にモテモテだ

まあ色々あるが、こういったことを言い聞かせている。

もちろんポーズはイケてる自分をイメージできるポーズ、もしくは先ほどのような両手をあげて喜びを表現するような、威嚇するようなポーズをとりながらね。

以上が俺の科学的に基づいた、女の子を口説くのにプラスに働くルーティーンだ。

参考にしてくれ。

具体的なルーティーンと時間配分

では、具体的にテストステロンを高め、自分自身の魅力をあげるためにどういうルーティーンなのか具体的にお伝えしよう。

家から近い場所でアポ(デート)があるとき

まずは家が近い場所でアポがあるとき、もしくは腕立て伏せができるところにいるとき、

家を出る5分前くらいに

  • スクワットをつかれるまで1セット
    汗だくになりすぎないように注意ね
  • 休憩を1分ほど。その間は鏡をみて自己洗脳
    「お前はできる男だ。やれる男だ。」
  • 腕立て伏せを限界1セット
    大胸筋よ、パンプせよ!!
  • 最後に気分の高揚を感じながら、モテポーズ(両手をあげて力強いポーズ)をとりながら自己洗脳

これだけ。

余裕があれば懸垂も取り入れてもいいだろう。

多少息は切れるかもしれないが、目がぎらついてくる。

自信がみなぎってくる。

いい兆候だ。

あとは会う3分前くらいにトイレで身だしなみチェック

  • 髪型は大丈夫か?
  • 服は乱れていないか?
  • 俺はいけているか?
  • 自信を持っているか?

ここで最後の自己洗脳をしてもいいだろう。

ほら、これでもう心配はない。

自分を出すだけだ。

腕立て伏せができそうにない場合

腕立て伏せができそうにない場合もあると思う。

そういった場合は、トイレなどで(恥ずかしかったら個室や人がいなさそうなところで)

腕立て伏せの代わりに
みぞおちの前で手のひらを押し合い、胸を鍛える。

これを胸がつかれるまでやろう。
脇を締める感じね。
大胸筋よ、パンプせよ!!

これだけ違う。

幸運を祈る。



まとめ

さあまとめよう。

デートの前に、自信の魅力を最大限高める方法が↓以下だ。

結論
  • 簡単な筋トレを1セットずつ
    ・スクワット
    ・腕立て伏せ
    ・可能な時だけ懸垂も
  • 2分間、動物が威嚇するような、喜んだ時のような、両手を広げるようなポーズをとる
  • 鏡に向かって、笑顔で大きなジェスチャーでお前はできる。カッコいい、成功する、と言い聞かせる。

このまとめを出すのは2回目だが、納得できるものに変わったのではないかな。

是非これを活かして、素敵なデートにしてみてくれ。

関連記事:科学的にモテる男の体型(筋肉)が分かったので紹介しよう【女性にモテるための筋トレ&ボディメイク】