モテるための住居

モテるためにはどういった部屋に住むべきか?男の部屋作りを考える

1人暮らしを初めてした時は、かわいい女の子を自宅に連れ込む妄想を一度はしたことがあるだろう。

かくいう自分もその1人

今回は一連の記事を通して

を具体的に紹介していく。

今回のページでは主に

モテるための男の部屋作りについて、今ページでは考えていく。

このページを読むことで、あなたが彼女、かわいい女の子を家に誘ったときに誘いやすい状況に持ち込むことができるようになることを願っている。

モテ部屋に必要な要素

  • モテる部屋作りについては記載していくが大前提として、忘れてはならないことがある。そしてそれが残念なお知らせになるとも思われる。
  • まず、かっこいいオシャレな部屋だとしても“素敵!抱いて!!”とはならない。
  • そして部屋に来る時点で(1on1でデートしていたこと前提)ある程度勝負は終わっている。
  • 部屋に連れてこれれば8割がた勝ちであり、むしろ恋愛や女の子と深い関係になるためには、そこまでの出会い→食事や飲み→自宅に誘うまでのステップのほうが重要であり、部屋に来るのはゴール目前ということをはじめに知っておかねばなるまい。

つまり、モテる部屋とは連れてこないと意味がなく、連れてきた後もほぼ仕上がっているため、本来たいした執着をする点ではないということをお強く伝えておく。

モテる部屋についてはまずポイントが3つ。

  1. 飲み→自宅までの距離
  2. ベッドと飲む(座る)場所の導線
  3. 自宅の内装など(家具や間接照明)

この3つだ。

今回はこの3つについてそれぞれ紐解いていこう。

モテる部屋作りで一番大切なこと それが立地=自宅と繁華街(飲む場所)の近さ

まず、1番大切にしなければならないのが立地だ。

前ページ モテるためにどこに住むべきか? でも書いたが、

居酒屋(バー)→自宅へ女性を誘い出すことにおいて大事なことは

  1. そこまでに女性から男性への食いつきをあげる(魅力的に思ってもらう)
  2. 居酒屋(バー)から自宅の距離が近い
  3. うまく自宅に行く理由作り

この3つが必要だ。

ここで部屋がとてもきれいである必要は特にない。

つまり、モテる部屋作りに関して言えば、

1番大切なことは飲み屋(繁華街)と自宅が近いことである。

つまり立地選びこそ、モテる部屋作りには重要ということを覚えておかなければならない。

部屋を選ぶ際にはこのことを十分留意されたし。

繁華街に近かったり、駅に近かったりするとどうしても値段が上がる傾向にあるが、そこはしょうがない。

自分のできる範囲で選ぶのがよかろう。

モテる部屋に関しては良エントリーとして

秀吉公の 俺の遺言を聞いてほしい 10年間「モテ」と「部屋」の関係を研究し続けた男の暫定的結論

という記事内にごもっともな文がある。

モテる部屋とは何か

を考え続けた。

 

結論から言おう。

部屋とモテはほとんど関係ない。

驚くほど関係ない。
家賃が5万上がっても全然モテない。
その金で自分を磨く修業をした方がいい。

「モテること」が「出会った女の子が好意を抱く確率」だとしよう。
その場合、部屋は全く関係ない。

というか、

「俺、いい部屋住んでるんだよね。港区のタワマンなんだけど」

なんて言うと、普通の女の子はドン引きする。

「金にモノを言わせて口説く非モテ」

と認識されてしまう。

 

 

もう首がとれんばかりに頷いた。

残念だがその通りだ。

敢えて付け加えるとするなら、

一度関係を持った女の子が、長期的な関係を望むようになりがち。

というのはあるだろう。

金持ちアピールや自分からのいい部屋アピールはどうしてもモテない(=非モテ)オーラを出す。

さりげなく、そして女の子が後に「え、この人いい部屋に住んでいるじゃない!!」

となった時にはじめてプラスに作用するのだ。

ベッドと飲む(座る)場所の導線

ベッドと飲む(座る)場所の導線?なんじゃそりゃ?

そんな声も聞こえそうだ。

イメージしてほしい。

テレビの前のソファで座っている自分と女の子

映画を見ながらくつろいでいる。

目の前にあるお酒が減ると同時にお酒も回ってきた気がする。

いつからだろうか、自然に手をつないでいた。

ふと彼女と目が合う

君はいけると確信した。

さーてここでクエスチョンです。

Q.ソファとベッドの距離はどうすべきでしょう!?

A.当然ソファとベッドの距離は近いほうがよい

ソファから立ち上がりベッドに向かう際、女の子の手を引くのか、それとも抱き上げていくのか知らないが、ここでベッドとソファの距離が遠いとそのいいムードが壊れる可能性がある。

なし崩し的に ということもあろう。

ベッドとソファの位置は近くてしかるべきなのだ。

少し話は変わるが2人以上で寝る前提なら家のベッドはダブル以上がいいぞ。

本当に……

個人的なお気に入り↓

自宅の内装など(家具や間接照明)

ここからはいい部屋を作っていく際における一般論を信じて部屋をコーディネートしていくがよい。

秀吉公と俺のアドバイスを混ぜると、

  • 生活感をなくす
  • 物を少なくする
  • 家具を低めにすると部屋が広く見える
  • 暖色系の照明を使う
  • 可能ならば間接照明を使う
  • ベッドとソファの距離を近くする
  • ソファは必ず二人がけサイズに
  • 色調を統一する
  • 部屋の色合いによっては観葉植物もいいよね。
  • 映画見れるようにするとよい(Amazon Primeで十分)

 

一人暮らしラボ 【渋谷から徒歩5分】家賃14万円の超絶モテ部屋ワンルーム男子に聞いた「ひとり暮らしのこだわり」

モテ部屋 男子 一人暮らし 高級 東京

のような部屋を目指すのもよいかもしれない。

 

具体的には違う記事にするが、自分は↓のような物件に入居しシンプルな家具の配置を目指した。(何をどう配置したかについて別記事にて。)

ゆも 家自宅おしゃれもて

 

ざっくりと男のモテのための一人暮らしについて書いてきた。

貴方の参考になると幸いだ。

Next:結局ゆもはどんな部屋にどんな家具を購入しコーディネートしたのか?