モテるためのマインドセット

幸せになるためにはお金はいくら稼ぐべきなのか?統計からみて目標は800万

幸せになるためにはお金はいくら稼ぐべきなのか?

お金と愛がテーマになった時、たびたび論争が起こる。

  • 幸せになるのにお金は必要だ
  • お金がなくても幸せになれる
  • 貧乏でも好きな人と楽しく生きることができる
  • お金お金がめついてても幸せになることができない

まあいろんな意見がある。

間違いだ、ということもないだろうが、かといって100%納得できる答えというものにも出会ったことがない。

皆の意見はどうであろうか?

俺の意見?俺の意見は

ゆもz
ゆもz

お金はある程度あったほうがいい。

あったからと言って必ずしも幸せになるわけではないが、ないと幸せにはなれない。

ただ、いくら必要なのかはなかなか見当がつかん。

個人的には安定して100万くらい稼ぎたいものであるが(笑)

そんな中、面白い記事を見つけた。


統計的に年収がいくらあれば幸せになるのか?

共有させていただきたい。

元記事はDiamond Onlineの年収800万円を超えると幸福度は上昇しなくなる

記事の中身をざっくりまとめると

  • お金と幸福の関係の研究結果
  • 基本的に貧乏なほど不幸せで、稼げば幸せになる
  • 年収800万円ほどで伸びが緩やかになり、1500万ほどで頭打ち
  • てっとり早く幸せになる方法は年収800万を超えること

 

年収と効用の関係 800万で幸せにはなりにくくなる

年収800万円を超えると幸福度は上昇しなくなるより引用

はっきり言おう、貧乏とは不幸せなのだ。

そして、お金がある状態というのは幸せのための前提である。

これは「幸福になるのにお金は関係ない」ということではありません。
逆に、「お金は幸福になるもっとも確実な方法だ」

幸せになるためには様々な要素があるのであけれど、お金もちになる(最低でも年収800万円相当以上になる)ことが一番確実で、万人に言える法則ということで間違いない。

年収300万でも俺は幸せ!!

という意見を一蹴できるようになったね。

あなたの感想ですよねそれって

それ、あなたの感想ですよね(笑)

まあ、この記事のおおもとの作者橘玲氏の書籍によると、幸福になるためには

  • 金融資産(お金)
  • 人的資本(仕事・やりがい)
  • 社会資本(共同体・絆・仲間・家族・恋人)

この3つの項目でそれぞれ満たす必要があるということ。

つまり今回の話はあくまで幸福を語る際の1つの項目でしかないわけだ。

そこのところご理解いただきたい。

それを踏まえたうえでもう1度いう。

幸せになるためにとりあえず年収800万を目指す

単純明快でわかりやすい。

幸せになるためにはお金じゃない!!
という人もいるだろう。

その人にはこの文章を送る。

「お金は幸福をもたらさない」ということではありません。

さまざまな進化論的・心理学的な理由から幸福になるのはとても難しいのですが、そのなかでもっとも確実に幸福度を上げる方法は、やはりお金持ちになって「経済的独立」を実現することなのです。

男性によってはこんなことを言うかもしれない。

女の子にもてないならお金があっても幸せじゃないだろ!!

それはそうだな。
間違いない。

一応、お金持ちになったほうがモテるというデータもあることだけは伝えておこう。

もちろんただのモテない金持ちになってもATM一直線だ。

女の子をお金でなく、男として魅了したい君の気持はよくわかる。

やはり、お金と女は両輪なんだ。

片方だけあっても男は幸せにはなれない。

両方満たされて幸せになれる。そこは間違いない。
そう俺は考えている。

お金を稼ぐためのノウハウと実行力は当然必要だが、俺らはそれにプラスして男を磨きつつも自分の対女性スキルも同時に磨いていく必要はある。

じゃあ、どうやって年収800万もしくはそれ相応の収入を得るのか?

年収800万(またはそれと同等の自営業の収入)への道をどうやって達成するのか?

はっきり言おう。

サラリーマンではよっぽど優秀か外資にでも行かないと年収800万なんて到底いかない。

よっぽどのホワイト企業の30代中盤でようやく貰える額が800万とかでしょ?

それに今の日本人の平均給与は400万くらいとか言われている中、800万は普通じゃ達成できるはずもない。

  • 20歳以上 - 24歳以下 男性平均年収:330万円
  • 25歳以上 - 29歳以下 男性平均年収:393万円
  • 30歳以上 - 34歳以下 男性平均年収:457万円

(※賃金構造基本統計調査民間給与実態統計調査からの算出)

ひとまず、この読者の年齢層であろう20~34歳程度の平均年収を出してみた。

到底800万には届きそうにない。

具体的に自分の市場価値を知りたければ
転職サイトで自分の現在の価値を調べてみるといい。

マイナビの人材紹介サービス マイナビエージェント

いくらであっただろうか。300万くらいはある?

まあ普通に年収800万なんて、20代で到達はふつう無理

副業したり、自分で商品を持ったり、ビジネスを持たなかったりしないと800万はいかない。

まあ、みんながみんな、自分でビジネスをもったり、起業したりできるとは思ってないけど、俺はインターネットを使ったビジネスで収益化を図っている。

というかこれから図っていく。

そもそも、事業主とサラリーマンだと、お金の根本の仕組みが違うからね。

別記事:サラリーマンと事業主(自営業や法人)のお金の仕組みの差がえげつないという話

話を戻そう。

サラリーマンだと幸せになるためにも年収800万を目指せ!というのは先ほどの話。

そして、もしくは事業者になって行動した場合の目安を考える。(サラリーマンは年収+副業でもOK)

まあツイートした通りなんですわな。

利益率がめっちゃ高いビジネスをしている自分は、毎月60万くらい売り上げを出せばいいのだな。

そうすれば、本当の直接的な経費を差し引けば50万は超えるはず。

アフィリエイトとかライター業とか、コーチ業ならほぼほぼ利益になるので50万くらいひとまずは目指そうぜ。

手っ取り早いのは、やはり自分のビジネスを持つことだ。

脱サラしろと言っているわけではない。

むしろ副業+で年収800万目指してもいいではないか。

自分の商品・ビジネスモデルを持て!!

知識をつけよう。
勝つために。



終わりに

今回は幸せの経済面だけに特化して触れてきたが、実際の幸せには下の3つを満たすことが大切なんだ。

  1. 自由
  2. 自己実現
  3. 共同体=絆

これらを俺らのインフラに組み替えると

  1. 金融資産(お金や財産)
  2. 人的資本(仕事)
  3. 社会資本(仲間や人的ネットワーク)

この3つの分野でどうすればいいか、どうすると幸せになるか。

それが橘玲先生の幸福の資本論という本の中にある。

この橘玲先生の幸福の資本論という本は俺の好きな本トップ5に入る。

超オススメなので、幸せになるために科学的にどうすればいいのか、答えを知りたい人はぜひ手に取ってみてほしい。