モテるためのマネタイズ(お金)

ブログ記事を書くための魔法のテンプレート【スラスラ書ける】

ブログ記事を作成するにあたり、ある程度の文章の基本となる形というものがある。

思い付いたことを適当に書いて、それがいろんな人に響くようなものであればそれに越したことはない。

しかし、現実問題、何も考えず、設計もせず、土台もなしで文章や動画をとってもたいていがうまくいかず、途中絵作業が止まり、結果、出来上がったものも微妙なものになる。

今回は俺が、一部のブログ記事や、動画の構成を考える際に使用している魔法のテンプレートを特別に紹介しようと思う。

このテンプレートを基本に使うことによって、

  • 文章作成にかかる時間の短縮
  • 簡単に文章を作成できるようになる
  • 読者に響きやすい文章になる
  • 商品の販売や売り上げを出しやすくなる

などのメリットがあるわけだ。

是非参考にしてほしい。


PASONAの法則というセールスの型

PASONAの法則ってのは、一言で言えば、何かを売る時の代表的な“型”の1つ。

このテクニックは文章で何かを売る時に非常に有効といわれるテクニックだね。

  • P=Problem(問題を提示する)
  • A=Affinity(読み手が共感するような描写)
  • S=Solution(解決策とその根拠を提示する)
  • O=Offer(具体的な提案をする)
  • N=Narrow down(限定性や緊急性で客を絞り込む・せかす)
  • A=Action(行動への後押しをする)

詳しくはこのサイトを見ればいいと思うよ。

他にQUESTの法則ってのもあるけど、まあ似たようなものだ。そんなに気にしなくていい。

読者の行動を促す魔法のテンプレート

それではPasonaの法則から実際に、どのように文章を書いていくのか、自分なりにまとめてみる。

  1. 導入文
  2. 見出し1 (問題点、結論)
  3. 見出し2 (読者の悩みに共感)
  4. 見出し3 (解決策の提示)
  5. 見出し4 (解決策の信ぴょう性の提示)
  6. 見出し5 (解決策が最も優れている理由+行動を促す)

これが基本形になる。

ただ、いきなり記事を書き始めるのはよくない。

情報をいきなり書き出す前に、もう少し深堀しなければならないことがある。

まずは情報の整理を。基本的な情報をまとめておく

記事を書く前にこの質問に答えておくといいだろう。

  1. 読者の抱えている問題や悩みは何なのか?
  2. この記事を読んで具体的にどうなるのか?
  3. ②で示した結果となる根拠とは?
  4. 読者のとるべき行動は?
  5. 読者が他に知りたい内容は?

この質問に答えられるように準備しておこう。

そうするとびっくりするくらい、スムーズに記事が書けるようになる。

この質問に答えるだけでも記事は簡単に書けるようになる。

 

記事を書く際の注意点【ライティング】

  • 主観をだす、これがあなたの武器になる
  • デメリットは入れた方がいい
  • 選択肢は与えすぎない
  • 売り込みすぎない

主観をだす、これがあなたの武器になる

全て客観的に正しいことばかりではつまらない。

あなた自身の色があなたのブログや記事のぶきになる。

それがきっかけでファンを作ることができることも多い。

あなたの意見や主幹もバンバン入れていこう。

デメリットは入れた方がいい

メリットだけしかない記事ほど胡散臭いものもない。

実はだ章でメリットがある方が、文章は信頼してもらえる。

そのデメリットが致命的でない場合、デメリットは入れることによってむしろ高倍率が上がるんだ。

選択肢は与えすぎない

面白い実験がある。

選択肢を与えすぎると人は迷いすぎて選べなくなる。

選択肢は多くて3つくらいに絞るべき。

たくさん選択肢があればあるほど人は選択できなくなる。

売り込みすぎない

これは言うまでもないが、人は押し売りされて購入することはほとんどない。

あくまで紹介、というスタンスの方がいい。

これが良かったらから紹介するよーって感じ。


まとめ