いきなりデート

いきなりデート体験記 超高学歴女子とのアポ【1件目】

まだまだあまりメジャーではない
いきなりデート

今回は記念すべき1回目のデートということで、試してきたのでその流れと感想について記載していこうと思う。

一部、身バレを防ぐためのフェイクを入れている。
ご了承願いたい。

いきなりデート公式サイト

いきなりデートの特徴

  • 男はハイスペのみ
    (なお私ゆもzはハイスぺではない。ぎりぎり審査が通ったいきなりデート男性陣の最下層。)
  • 女性は4年制大学卒もしくは在籍
  • 即日デート
  • 会うまでやり取りが必要なし てかできない
  • ランチのみ
  • 会場は東京・大阪・札幌・福岡・名古屋の5か所(4/8現在)
  • 1回目は男女ともに無料(紹介コードで)。男女ともに課金が必要

https://oremote.net/app/%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%93%ef%bc%81%ef%bc%9f%e8%a9%95%e5%88%a4%e3%81%a8%e5%88%86%e6%9e%90%e3%82%92%e3%81%97/

いきなりデートでデートするまでの流れ

 

  1. 審査に通る
  2. クレジットカード情報の登録
  3. デート回数の購入(初回は紹介コードがあれば、もしくはキャンペーン中なら無料)
  4. デート可能な日程にチェックを入れる
  5. マッチングする
  6. キャンセルがない限り日程・開催場所が決定される
  7. 当日デート

さて、いきなりデートを使用してデートをするにあたり、まず必要なことが審査に通ること。

これが一番難易度が高い。

審査に通ってしまえば、あとはいける。

クレジットカードの情報を登録したら、自分がデートできる日程にチェックを入れる

このいきなりデート内のシステムが条件に合った相手とマッチングするようにしてくれるらしい。

自分は年上の女性と会うつもりはなかったので、女性の年齢を26歳以下に設定。

札幌ではまだいきなりデートが余り普及していないのか、それとも、俺が人気がないのか(泣)マッチングするまでに1週間弱かかった。

女性の年齢の幅を広げましょう!みたいなアイコンが流れるが無視。

もし、女性とマッチングすることになると↓のような画像が出てくる。

事前にわかる情報はこれだけだ。

この時、驚いたのが相手の出身大学が日本の国立トップ3の京都大学であったということ。

超ハイスペックじゃねえか!!!

いきなりデートって本来ハイスぺの男と出会えるマッチングアプリなのに、まさかの女性がハイスペック。

むしろ男よりもハイス
(ゆもzは地方国立大学出身)

この時点で少々ビビる。

自分と相手がこの相手でOkすると
デートが確定される。

以下の画像はデート後にスクショした画像であるので、参加したデート と記載されているが、デート前の情報もほぼ同じもの。

開催場所は札幌市の中心部にあるおしゃれなカフェであった。

予約名に関してはお互いの名前に一切関係ないもの。

偽名というか、適当な名前なのか、それともいきなりデートのスタッフの名前なのかは分からないが、俺の名前でも相手の女子の名前でもなかった。

相手とは当日30分前にメッセージのやり取りができる。

遅れそうな場合や、緊急の際の連絡に使用できるものと思われる。

自分は一切使用しなかった。

遂に、期待半分でギャンブル感満載のいきなりデートに乗り込む。

いきなりデートの実際

デート当日、14時半の約束の時間5分前につくように家を出る。

といっても札幌駅周辺にはほとんど行かないから結局ぎりぎりに。
(家から歩いて15分程度の距離なのに)

めちゃくちゃ有名な赤レンガテラスという店の中にあるのだが、札幌初級者の自分にとっては、店を発見するのが難しかった。

というのも札幌は地下道が非常に発達しておりその中にもたくさん店があるのだ(言い訳)

そんなこんなで、14時半
時間ちょうどに店にたどり着く。

ブルックリンパーラー 札幌

店の内装が余りにオシャレで驚く、14時半だというのに店内はお客さんにあふれ、そして若い女性客がたくさんいる。

「予約していたサノです。」

店員に伝える。

気恥ずかしさを感じるのは、いきなりデートだと店員にばれているのかもという考えがあたまによぎったから。

普段こういう綺麗なカフェの用のお店に行くことがないこともあり少々の緊張とともに、席に案内される。

こちらになります。

……案内される先にいたのは……

 

普通の女の子。
中の中の子。

うーん、しかもあまりタイプではない系統。

残念。

今回のギャンブルはあたりではなかった。

ここ1年ほどは試行回数を重ねることで、特に女性に飢えるほど困るということもなくなってきた。

そんな中でなければ、いいと思っていたかもしれないが、今の自分がお金と時間を費やしてまで深い関係になりたいとは思えなかった。

おそらく今回はここでこの子との関係は終わり。

1時間はランチはする予定できたから、せめてその時間は精一杯楽しんでもらおう、
そういった気持ちでもてなす。

ただ驚いたことがあって、非常に話のペース波長があう。

高学歴女子ということもあって、非常に頭の回転が速い。

普段から早口だねといわれる自分とも話の速度がちょうどよく、テンポもよい。

こちらの意を汲み取って適切な返しがくる。

この点は普通の女の子とは違うことがうかがえて、序盤のマイナス点を大きく覆すことができた。

友達としては非常に良いタイプなのかも、そんなことを思い始めていたころに今日の目的を思い出す。

市場調査もしておこうと。

聞き役に徹し、相手が興味を持つ分野に関してはなし、気になることをいくつか聞いていく。

「他にもマッチングアプリはあるけど、どうしていきなりデートやってんの?」

ー「私他にもペアーズとかやってたんだけど、メッセージがめんどくさくて……
色々な人とメッセージのやり取りするけど結局は聞かれることも同じだし……
あとは高学歴だから、それだけで引かれちゃうことが多いんだよね。男性が高学歴ならひかれることも少ないだろうって思って、いきなりデートやってみているんだよ。」

「そうだったんだね、高学歴ゆえの悩みもあるわけだね。俺でいきなりデートを通して会うのは何人目?」

ー「そうなんだよね。今は3人目くらいかな。これからも使うと思う」

優秀故に、全国転勤もある職についている彼女。

それがネックで元カレと別れたという話をしていた。

非常に優秀で、合理的で、話もできる子だ。

ただ少し可愛さがあれば引く手あまただろうに。

今後の彼女がうまくいくことを心の中で祈って、今回の食事は終わりにする。

食事代は2人合わせて3000円ほど。

ランチ代が1人1000円、話が盛り上がりデザートも頼んだので1人+500円くらいかかった。

ランチ代は全部おごった。

総括

今回得たもの

  • 頭の良い女性との会話はめっちゃ楽という事実
  • 高学歴女子が多いという話は聞いていたが、なんで多いのか分かった気がする
  • 札幌でランチデートに使えるお店の新規開拓ができた
  • 次回のいきなりデートへの展望

今回失ったもの

  • ワクワク&ドキドキ
  • 3000円
  • 1.5時間

 

結果、自分の中ではこのデートが大成功ではなかったのに、かなり収穫のあるものとなった。

もしかしたらギャンブル好きなのかもしれない
(パチンコやスロットはしたことがない)

まだいきなりデートの総評を出すには試行回数が圧倒的に足りていないといえる。

少なくともあと2~3回は試したい、試してもよい
現在はそう思っている。

次回以降

https://oremote.net/app/ikinari/ikinaridate2-fromfrance/

https://oremote.net/app/ikinari/3toudaijyosi/