いきなりデート

いきなりデートってどうなん!?評判と分析をしてみる

最近話題のいきなりデート

いきなりデート公式サイト

「最近面白いマッチングアプリがあるんだよ」

大学時代の友人から教えてもらったのは3月中旬の話。

  • デート当日まで誰が来るかもわからない
  • 友人はかわいい人とデートできたらしい
  • 当日までくだらないメッセージが必要ない

こんな話を半信半疑で聞いたが、面白そうだと思った。

自分はペアーズなど王道のマッチングアプリを使用している。

そこで常々思うのが思っているよりも出会える人数が少ないということだ。

  1. 大量の女性にいいねを送る
  2. 一部のマッチングできた人とメッセージのやり取りをする
  3. その中でまた一部の最後会う約束をした人とデートする
  4. 写真とは似ても似つかない女性(悪い意味で)がやってくる場合も少なくない

出会いが少ないだけならばそれでいい。

長時間かけてメッセージのやり取りをし、かわいい女性とようやく出会える!

テンションはあがり、約束の日が待ち遠しい。

そんな中やってくるのが、フォトショやSNOWでこれでもかと美化された写真の、残念な女性である。

食事ものどを通らないくらいに落ち込む。

一応その場は、女性に楽しんでもらえるようにふるまうが、次はない。

こんなことがざらにある。

その他マッチングアプリでも同様という話はよく聞く。

マッチングアプリはスマホで気軽に出会えるようになるものだ。

代表的なものがペアーズやOmiai、PC Maxなんてものがある。

今回はそんなマッチングアプリとは一味違ういきなりデートの特徴と評判を調べ、

最終的には自分なりに使用してみた体験談をお伝えしていこうと思う。

参考になれば幸いだ。



いきなりデートの特徴

  1. 男はハイスペのみ
  2. 女性は4年制大学卒もしくは在籍
  3. 即日デート
  4. 会うまでやり取りが必要なし てかできない
  5. ランチのみ
  6. 会場は東京・大阪・札幌・福岡・名古屋の5か所(4/8現在)
  7. 1回目は男女ともに無料(紹介コードで)。男女ともに課金が必要
  8. 料金システム

男はハイスペのみ

いきなりデート男 審査基準

男は5%しか審査が通らない!!

そんな話もあるくらい、男性の審査が厳しい。

合格者がごくわずかで万人にオススメできるアプリではない、ということが分かる。

特に難しいのが、

  • MARCHやそれに準ずる国公立大学以上
  • 上場企業、社員100人以上の会社員
  • 社員数20名以上の経営者または役員
  • FACEBOOKの友達100人以上

※MARCH=明治、青学、立教、中央、法政大学のこと

うん、確かにそれなりにハイスぺじゃないと突破できないわな。

あと地味にきついのがFacebookやってない人は100人超えるのがそれだけで難しい。

いきなりデートの中の人が、審査でFacebookを直接見ているらしく審査にも時間がかかり、さらに言えば、変なごまかしができない。

ハイスペックの男性と会うため!!
そううたわれるくらいのマッチングサービス故に、男が入れる数は圧倒的に少ない

逆に言えばここさえ突破できれば、希少価値が生まれ可能性はありそうだ。

ライバルの数も少なそうだし。

女性は4年制大学卒もしくは在籍

女性の条件は緩めだが、大学は出ていないといけないようだ

Facebookの100人以上もハードルが高いといわれる要因になるかも。

即日デート

最短で1日でデートが決まることもあるようだ。

自分は札幌だったが1種間ほどでデートの日程が決まった。

審査に通った後、↑のようにデート日程の候補が出てくる。

自分がいける日にチェックを入れて、男性・女性両方とマッチングされるとそこでデートが決定されるシステムと思われる。

会うまでやり取りが必要なし てかできない

他のマッチングアプリと違い、このアプリは喜ばしいことに(残念ながら?)
メッセージのやり取りができない

さらに言えば、相手の顔も分からない

当日、あったときにはじめて相手の顔が分かる。

ちなみにスペックは会う前にわかる

一部隠した。

  • 開催日
  • 相手の年齢
  • 職業
  • 大学
  • タバコ吸うか否か
  • 身長
  • あとは好きなことや興味を項目から選択できるのだが、それがピンクの♯とともに記載される

分かる情報はこれだけだ。

ずいぶんリスキーなことをするもんだ!!
全然可愛くない人が来たらどうしよう!?

貴方が男性ならそう思うことだろう。

自分もそう思ったが、必ずしもそうではなさそう。

男目線でいえば、あまりにひどい人が来ることを恐れるが、それはほぼないと考えられる。

理由

  1. 男性の方が値段が高い&ハイスペを集めて、あまりにもひどい女性が来るなら再利用されない=もう課金されない=いきなりデートがビジネスとして成り立たない
  2. 女性も課金が必要=飽食系の女性が来ない
  3. 自分の評価があがれば、優遇されやすくなる。
    (何が優遇されるのかは不明)
  4. 女性はある程度顔採用されているとの話もある

女性目線でいえば、基本的にハイスペが来るのでそんなに気にする必要はないかもしれない。

ランチのみ

ランチのみだ。

安心といえば安心。

ディナーもなければ飲みもない。

お互い時間が空いてて、気分がのればランチ後、そのまま夜の街に繰り出してもいいかもしれない。

ランチというのは非常にリスクが小さい。

相手が微妙であってもかかるコストも安く済むし、時間も1時間程度。

会場は東京・大阪・札幌・福岡・名古屋の5か所(4/8現在)

開催エリアは大都市の東京・大阪・札幌・福岡・名古屋

この5か所。

さらに言えば、その中でも分けられていて、

開催エリア

東京エリア 六本木、表参道、広尾、恵比寿、中目黒、銀座、自由が丘、渋谷、赤坂
大阪エリア 梅田、難波、心斎橋
名古屋エリア 名古屋、伏見、久屋大通、覚王山、矢場町、新栄、車道、池下
福岡エリア 博多、天神、赤坂
札幌エリア 札幌、すすきの

となっている。

札幌民の俺は札幌、すすきの両方にチェックを入れた。

※札幌駅⇔すすきのの間が札幌の最大に栄えている地域。徒歩で20分くらい(地下鉄2駅分の地域)

1回目は男女ともに無料(紹介コードで)。男女ともに課金が必要

1回目は誰かの招待コードがあれば、もしくはキャンペーンがやっていれば無料で登録できる。

例えば2018年4月のキャンペーン

その時によってキャンペーンは違うようなので、詳しくは公式ホームページを見てくれ。

いきなりデート公式サイト

wizl9

これがゆもの招待コードになる。
使ってもらえると泣いて喜ぶ。

こなら確実に1回は無料になる。

マッチングアプリにしては珍しく、女性の課金も必要。

ハイスペと会えるのだから女性もお金払えよ、ということだろう。

いきなりデートの料金システム

まず男性の料金

続いて女性

女性は割安。

ちなみにデートにかかる費用はまた別。
それは各自で出してくださいとのこと。

予算はだいたい1000~2000円程度のお店らしい。

ちなみに自分が札幌で指定されたお店はランチが1000円ちょっとくらいのお店

Brooklyn Parlor SAPPOROというお店。

いきなりデートの審査にかかる時間はどれくらい?

俺の場合は1週間くらいかかった。

 

1週間以上審査通らない人は、それ審査落ちに等しいんやで……

おれは写真が悪かったのか、写真変更したら1日程度で審査通った。

適当な写真からスーツへ変更。

通常は1日程度で審査が通りそうな雰囲気。

いきなりデートの評判・口コミを集めてみる

 

こういう好意的な意見もあれば、

という意見もある。

キャンセルが1人3回までできる。

ドタキャンもたまにあるようなので、それは運用素というかなんとういうか……

ただ、ドタキャンはアプリ内での評価も下がるので注意。

意外にも高学歴の女性が多い

友人や自分の中というまだデータ数が少ない状態ではあるが、

意外にも女性で高学歴な人が多い印象。

たとえばこの前自分がデートした子は京都大学だったし、友人がデートしたのは

  • 慶応義塾大学
  • 大阪大学

の子もいたらしい。

5人中3人の女性が超高学歴であった。

2018年4月8日現在の女性ユーザーの学歴であるが、意外にも男性と同程度以上の学歴の人がたくさんいることが分かる。

自分がデートした高学歴の女性の方が話の中で

「自分が高学歴だとそれだけでひかれることがある。いきなりデートを始めた理由はいくつかあるけど、ここはある程度男性の学歴が高いので、男性が自分の学歴にひかないと思ったから」

こういっていたのが印象的だ。

なるほど、そういう考えもあるのかと感心した。

結局いきなりデートは男にオススメなのか?

  • メッセージのやり取りがめんどくさい
  • 忙しくて細かいことに取り組めない
  • 大前提として条件を満たすハイスペ
  • デート代を安くしたい
  • ランチなのでリスクが低い

これらの人にはオススメといえそうだ。

自分もやってみて思ったのが非常に楽!!
というものだ。

メッセージやデートの日程合わせが必要ないことでこんなに楽に会えるのか!
という思いになった。

実際にあってからそこから始まるので、トーク力は求められる。

楽しい時間を共有せずに次にはいけない。

事前情報もほとんどない。

コミュ力は必要といえるだろう。

もちろん、審査が通ればの話やで。

結局いきなりデートは女にオススメなのか?

  • ハイスペに会いたい
  • メッセージがめんどくさい
  • 昼に予定を入れたい
  • 自分自身が高学歴

なんて人にオススメだ。

自分が女性で4年制大学を出ているなら、登録すると思う。

女性は、他にもたくさんマッチングアプリがあるし、わざわざお金を払ってまで会いたくない!

と思うかもしれないが、その分同性のライバルも少なく、いい男と出会いやすいのではという仮説が自分の中にある。

それはまたチャンスなんだろうなと思うのは俺だけだろうか?

まあ男性と違って審査基準が緩いので試しに一回デートしてみてはいかがだろう。

実際にゆもがいきなりデートに行ってきた話

シリーズがこちら。




 まとめ

まとめ
  1. 男はハイスペのみ
  2. 男はマジで審査通るのが大変
  3. 女性は4年制大学卒もしくは在籍だが、意外とハイスぺの割合が高い
  4. 即日デート
  5. 会うまでやり取りが必要なし(ほとんどできない)
  6. ランチのみ
  7. 会場は東京・大阪・札幌・福岡・名古屋の5か所(4/8現在)
  8. 1回目は男女ともに無料(紹介コードで)。男女ともに課金が必要
  9. メッセージのやり取りが必要ないのが本当に楽
  10. 顔が分からないギャンブル性

以上参考になったであろうか?

いきなりデート、意外に面白い

興味があれば1回だけでも試してみるとよいだろう。

ツイッター等でぜひ共有していただけると俺個人としても幸いだ。

 

※PS. 後日談がある

https://oremote.net/meet-girls/app/ikinari/matome-ikinaridate/